#まいにち蒼汰日和♩♬*゜

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#まいにち蒼汰日和♩♬*゚

福士蒼汰氏を応援するブログ。かと思いきや、妄想が止まらない時の吐き出し口として利用する場合もございます……いや、むしろその時の方が大半か……こんなブログですが、ゆるーく見守っていただけると幸いです。

どっぷりONE OK ROCK生活なう……の巻。

かなり出遅れましたが……

ようやくONE OK ROCKデビュー(笑)

私の性格上
頑固一徹なとこがありまして←
出会う機会を仰山逃して参りました。

たけるんが『徹子の部屋』に出た時も
徹子さんの執拗な弄りに爆笑してしまって……

↑まだまだ記憶に新しい、Takaの幼少期について語る徹子さんの「NHKのおばちゃん」連発事件(笑)

出会いの機会を
散々逃してしまったじゃないか!!

徹子さぁん!!←違うけど違わないwww


たけるんは『るろうに剣心』で
剣心役を演じた時に着火♡

↑でも作品はグロ過ぎて序盤で観るのを断念。

かなりズッキュンきましたが、
その後すぐに前田のあっちゃんとの
例の一件(宇宙等々に連れてく写真……とかね)で
あれれ……と不完全燃焼を起こし
そのままここまでずるずるときました。

そして映画『せか猫』で再会。←表現w

番宣では彼の人柄の良さが
抜群に伝わってきて、
またもやズッキュン。。。

そして、つい昨日……

たけるんのWikipediaを見て、
ときめかざるを得ない状況に……!!!

好きなアーティストはMr.ChildrenONE OK ROCK


おいおいおいおい……

ウソだろ?


私と同じですやーーーーん!!!

(*´Д`)ハァハァ


たけるんのミスチルLOVE度が
いかほどかは存じ上げませぬが……

やべぇやべぇ……な心境です。


蒼汰くんのことが大好きで
仕方ないはずなのに……

たけるんが……

たけるんが私を心を弄ぶー!!(*´Д`)ハァハァ←表現www


……心底平和なヤツだ、あたしゃ……


そんな話はさておき、
ONE OK ROCKの歌で大好きな歌を、
理由とともに紹介しますと……

☆『Mighty Long Fall』

イントロからかっこよすぎて鳥肌モノ。

これまで自分がやらかしてきた
あれやこれやへの懺悔みたいな、
でも、そういうものを抱えながらも
前へ突き進んでいくというような
勢いのある歌詞に、
私の気持ちも引っ張ってもらえます。

ああ……

頭の中に剣心なたけるんが浮かぶ~♡笑


☆『Deeper Deeper』

仕事で能力以上のことを
求められることが多く、
煮詰まって行き詰まって、
もう乗り越えられないかもしれない
という絶望感に駆られる度に
これを口ずさんで乗り切っています。

物事にはsoどんな時だって 
オマケのノビシロがついていて
何かを築きそして変えて越えて
奇跡と言う名の必然を繰り返して

のとこを仕事中よく思い出して、
お経みたいに繰り返してます。←表現w

『誰かの記憶に残るような人生をお薦めします』

とか、ちょー耳に残るるるるー!!!

鳥肌立ちまくりでっせ!!!


☆『The Beginning』

これも仕事中に口ずさむ歌。

持ってるプライドとか能力とか、
どんな小さな仕事でも発揮せねば!
と喝を入れてくれる一曲。

このままじゃまだ
終わらせる事は出来ないでしょ
何度くたばりそうでも
朽ち果てようとも
終わりはないさ 

のとこ!!

うううう~……やばやばーっ!!


☆『Cry out』

同じく仕事中に効果的な一曲。

名案が浮かばない時
この歌を口ずさむと、
はっ!と思いついて
うまくいくことが多いです。

……たまには脳内で、デスメタチックな声も出したくなりますし(笑)


☆『Be The Light』

3.11の悲しみや苦悩を歌った一曲。

聴いていると、涙がスーッと
目から溢れ出ていることが多いです。

苦難と向き合っている人や
乗り越えてきた人にはわかる、
この歌の素晴らしさ。

私には上辺部分しか
わからないかもしれないけど、

今回の熊本地震や集中豪雨で
大変なことになってしまっている地域の方、
それからなんとなくですが
エビさまご家族にも
この歌が届いてほしいなと
心から願っています。。。


☆『Wherever you are』

この歌は、福士蒼汰氏が
今年のバースデーイベントで歌った曲として
ファンの中ではかなり有名です。

この歌をイベントの時聴いて、
イントロからぶわーっと鳥肌が立ち、
涙が止まりませんでした。

I promise you "forever" right now 

僕らが出逢った日は 
2人にとって一番目の記念すべき日だね  

そして今日という日は 
2人にとって二番目の記念すべき日だね   

心から愛せる人 心から愛しい人  
この僕の愛の真ん中には 
いつも心(きみ)がいるから 

この部分が蒼汰くんの口から出た瞬間、
はぁっ!?……ま、まじどぅぇえ?
と、ありえない錯覚を起こし、
ますます虜になったのは
私だけではなかろう。。。笑

だがしかし、蒼汰くん的には……

歌いたかったから、
ただ歌っただけだぞー

m9( ゚Д゚) ドーン!


☆『C.h.a.o.s.m.y.t.h.』

これはTakaの親友である
たけるんたちに贈った歌だと、
何かで知りました。

相変わらず あの頃に話した 
夢を僕は追い続けてるよ 
もう今年から忙しくなるよな? 
でも変わらずこの場所はあるから 

この出だし部分から思わず
今友、それからかつての同級生を
思い出して込み上げるものがあり、
鼻の奥がツーンとします。

みんな頑張ってるかな?

私も頑張ってるよ~!

って、この歌から
思いをキャッチしてほしいなぁ♡


☆『Fight The Night』

Takaの透き通る歌声と、
優しいけれど力強い演奏に
心を持っていかれる一曲。

出勤時にこの歌を聴きながら歩くと、
スッキリした気持ちで仕事に臨めます。

YouTubeで検索すると、
映画『永遠の0』のダイジェスト映像に
この歌を乗せて動画を作成されてる方がいて

この人天才か……╭(°ㅂ°)╮

と思いました。


映画版にはなかったけど、
宮部さんの最期は小説に
しっかりと描かれていて、

さすがにそこは映像化できないだろう
というのは予想できてはいたんだけど

それでもやっぱり
そこが一番泣けるところであり、
そのシーンがあることで心がいくらか報われる
とても重要なシーンなので
なんとか入れられなかったものかと
私が悔やんでいます。。。

自分が乗ろうとしていた機体が故障機だと気付き、
かつて自分を救ってくれた教え子をそれに乗せ、

自分は途中離脱することのない機体に乗り込み
特攻隊として出撃した宮部さん。

教え子の機体は故障のため、序盤で離脱。

その後、宮部さんからの
家族を頼むと書かれた手紙を機内で発見し、
教え子は帰還後から亡くなるまでの数十年間、
宮部さんの家族を支え続けました。

一方、宮部さんは
これまで見送ったたくさんの教え子たちが
突破できなかった壁を突破し、
アメリカの空母までたどり着き、
突撃します。

空母の乗組員である兵士は
その姿に恐れおののきながらも、
特攻機が積んだ爆弾が
奇跡的に不発であったため、
空母のダメージは最小限で済み、
そして木っ端微塵にならなかった
宮部さんの上半身の亡骸を発見します。

宮部さんの胸ポケットから写真を発見。

彼にも家族がいたことを知り、
たとえ戦争であれど、この行為が彼にとって
どんなに苦しいことであったか、
艦長自身にも家族がいるため、痛感。

彼を偉大なサムライだと称え、
兵士たちと
彼の亡骸を水葬する……

というのが小説のラストでした。

このラストは、
実際にあった話なのだそうです。

戦争について、
とても考えさせられる小説でした。

子どもが読めるようになったら、
読んでもらおうと思っています。

……って、歌の解説になってないっつー……

(;´Д`)


まだまだいい歌はあるんだけど、
まとめが下手で長くなってしまったので、
ここらへんで……


またねーヾ(*´∀`*)ノワンオク聴いてねー